鼻水だけでも登園・登校はダメ!なスウェーデンのルール

昨日は息子が鼻水ダラダラなので園をお休みし、私も連動して学校はお休みしました。

スウェーデンの園や学校のルール

息子の園はコロナパンデミック後、通達を出していて熱があったら勿論登園はできませんが咳や鼻水、軟便でも登園はダメとのことです。コロナ以前は熱、軟便だけダメだったのですがこれに咳と鼻水が加わりました。

そして、治った時から48時間以内は登園はダメ。これはコロナ前からのルールです。

私の通っている語学学校や高校などもほぼ同じことをルールとしています。(軟便は書いてなかったと思う…笑)

日本の園との違いみんなの反応

「鼻水だけで通園NGなんだよ〜」という内容を私が昨日インスタグラムのストーリーズに上げたら、何人ものフォロワーさんから「え!スウェーデン厳しい!」「日本もそのくらい厳しくすべき」「鼻水だけで園に連れてくなと言われたら、仕事にならない」などなど色々なDMを頂きました。

興味深い!笑

スウェーデンの園や学校がここまで厳しくする理由に、私はマスクをしないということが関連しているのではないかなと思いました。マスク自体が感染予防になるならない議論というのはありますが…やっぱりマスクしていたら鼻水垂れてるかどうかもわからないし。笑

とりあえず寝て治す文化

コロナ以前から、スウェーデンはインフルエンザも寝て治す国です。日本のようにすぐにタミフルに頼れません。

そもそも病院に行ってもまずナースが対応し、ドクターの診断が必要であれば診てもらえるけれどナースが必要なしと判断したら、帰って寝て治す(必要に応じて薬局で各自薬を買う)というスタイル。日本のようにすぐドクターに診て貰えて、薬を出して貰えるわけではないです。

熱の場合も高熱が2日以上続いたら病院に行く感じ。みんなそうなので、コロナパンデミックであっても同じなんです。だから多くのスウェーデン人がコロナウイルスを必要以上に恐れていないのかもしれません。だって感染したって寝て治すに変わりないわけだから。

でもこのスタイルがベースにあったからこそ、医療崩壊にならずに済んだんだと思います!

親として

子供が小さいと日本のようにすぐ診て貰えないのは辛いです。自分自身が風邪で薬を飲む感覚と違って、子供は解熱剤を使うのにも38度以上になってからとか慎重になります。

でも風邪をひくことは子供の体が強くなる為に必要なこと、という内容を何かで読みました。成長する上で免疫力をつける為には風邪をひくこともマイナスではないと。それから私はあまりネガティブに息子の風邪を捉えなくなった気がします。前は息子が風邪ひくと可哀想でドーンと私も落ち込んでましたが、今は体が強くなるためだから頑張って乗り切ろう!という思いです。

今回は熱が出てないのが救い。今は鼻水も止まり、たまに咳が出ている程度です。今日は園も学校も休み。明日どうなるか、ですね…