英語を話せるようになってからスウェーデンに来て良かった

スウェーデンに暮らして2年が経過し、日常会話はなんとなくスウェーデン語でもできるようになった私ですが、英語が全くわからなかったら他言語習得は確実に上手くいかなかっただろうなと最近感じました!なので今日は英語について書いてみます。

もし英語が理解できたら?

英語に不自由を感じている方は、もし自分が英語を理解できたらと想像してみてください。私がかつて想像したのは…

・字幕なしでハリウッド映画が観られる。
・翻訳されていない知りたい情報を得られる。
・色々な国を臆することなく旅できる。
・あらゆる国の英語話者の友達を作れる。

などでした。

一応私の過去のことを書いておくと、実は私は高校時代アメリカに3年暮らしたのですがその時通っていた学校は日本の私立の学校(※いくつかの日本の私立の学校は海外に在外の日本人向けの学校を作っています。)だったので、ほぼ全て日本語で生活していました。なので語学力は大したものではなかったです。

その後、帰国して普通に日本で生活して…そこで待ち受けていた現実はどんどん私を苦しめました。

履歴書(学歴)を見て英語ペラペラだと思われる苦痛

履歴書に海外の学校名が書かれていることで、バイトや就職の面接などで必ず英語ペラペラでしょ?と疑われ、違いますと言えば謙遜だと思われて謎のプレッシャーを感じていました。

いつまでもビクビクしているのは嫌だ!と、ある時感じて、改めて日本で英語を学び直そうと固く決意。最初のうちは自分でテキストを買ってきて勉強していました。

結論:日本でバイリンガルになった

人それぞれ、勉強の合う・合わないの方法があると思います。私は最初のうちは、単純に単語とかをひたすら覚えたり文法を勉強してみました。

だんだんやっていくうちに、私の場合は聞き取りは割とできたけれど言いたいことを伝えるのが苦手だと気づいたので英会話スクールに通いだしました。お金や時間を無駄にしないために、何が弱点なのかの見極めは大事だと思います。(何が弱点なのかもわからない段階というのもありますが…)

英会話スクールも個人なのか、グループレッスンなのかで合う・合わないがあるのですぐにあきらめないでグループでダメなら個人でやってみるなど工夫して自分のモチベーションを保てるようにすると良いと思います。

自分合った英語習得法を選ぶ方法

私自身が自分に合った英語習得法を探し出すのに苦労したので、せっかくだから色々試した私がタイプ別で英語習得法をおすすめしてみます。

①本気でペラペラになりたい人

英語を勉強している人の間では、ECCの専科(ECC全日制英会話専科)が結構ペラペラになれると有名です。ほぼ学校のように1日中英語にどっぷり。時間に余裕がないと難しいです。ここまでガチならそりゃ話せるようになるだろう、と私も思いました。

私が3年間アメリカで暮らしていたのと、3年間ECCで英語を習うのとで比べたら断然ECCの方が意味あっただろうなと思っちゃいます…。

②自分のウィークポイントがわかっている人

マンツーマンでウィークポイントを徹底的に見て貰うのが1番。私は聞けても喋れないタイプだったので、徹底的に話すことをやりました。多くのマンツーマン英会話スクールは、自分がこういうことを知りたい・学びたいと先生に言えば大抵レッスンをアレンジしてくれます。そういう自由な感じはマンツーマンの強みですね。

私はGaba(Gabaマンツーマン英会話)に通いましたが、英会話って中級以上になってくると自分のレベルアップが難しくなります。本当によく見てくれる先生やシステムでないと、成長を感じにくいのです。そういう意味ではGabaに通って私の英会話レベルは変わりました。

Gabaは本当〜に楽しかったので、私はGaba愛がすごいです。笑

③英語を習うのが久しぶり、恥ずかしい

こういうタイプの人は絶対オンラインが良いと思います。家で話すのだと誰かに聞かれて恥ずかしいとかもないし、自分の家ならリラックスできます。オンライン対面で先生に聞かれた事が上手く話せなくても、電波が悪いことを理由に「もう一度言ってください。」なんていうのも言いやすいです。笑

④継続できないタイプ

グループレッスンがおすすめ。最初はグループのメンバーとのレベルの差なんかを気にしたりしがちですが、私の経験上みんな英語を話したいという気持ちが同じなので歳が違ったりしても意外に一体感が生まれてきます。

あと、他の人が答えている間に自分の意見を考える余裕があるのが、グループで自分の意見を上手く言いやすい利点かもしれません。

⑤単純にTOEICのスコアをアップさせたい人

スコアによって給与に差が出るなどで、別に日頃英語を話す必要はないけれどただハイスコアが欲しいという人もいますよね。この場合はやっぱり過去問を解きまくって、出題傾向を理解しないといけません。コツさえつかめば高得点は取れると言う人も多いので、まずは過去問(音声付き)を書いましょう。

アプリとかでもTOEIC対策用のはありますが、やっぱり私は実際のテストと同じように机に向かってやる方法の方が当日をシミュレーションできるのでオススメです。

今は英語を勉強するには良い機会

英語を勉強したいなら、今はかなり良い機会だと思います。なぜならすべてはコロナ!

コロナパンデミックにより、今後の仕事(転職やキャリアアップなど)について考えている人も増えているし、今は勉強できる方法も色々あります。私のように日本にいながらバイリンガルになることも不可能ではありません。さらに英語だけでなく、他の言語を学ぶ人も増えています。

それに日本のマスコミの報道、今回のコロナで信用できないとか思った人もいますよね。世界の反応は?他の国の状況は?そう言った事も英語で書かれた記事が読めると、自分の情報の捉え方も変わってきます

この今日のブログの内容を書こうと最初に思ったのも、実は友達で英語を学びたいと思っている人が今年に入ってすごく増えたということも一因していて、みんな目的がだんだん明確になってきている印象です。

スウェーデン人はほとんどの人が英語がペラペラ

スウェーデンで暮らす前に日本で暮らしていた頃、他の国際恋愛友達とかに「彼はスウェーデン人なんだし、英語じゃなくて独学でもいいからスウェーデン語勉強しなよ。」なんて言われたりもしました。

私は十分もうその頃は英語で話せたけれど、英会話スクール(Gaba)が楽しくて私は通い続けていたのです。でもそれで良かったと私は今、思っています!

英語を理解してから他の言語(スウェーデン語)を習い始めて良かった点

①英語とスウェーデン語は同じ言語グループなので文法が似ている。
②単語や動詞でほぼ同じものが多い。
③スウェーデン語を教える先生のほとんどは英語がわかるので質問しやすい。
④日本語×スウェーデン語の辞書(紙のものもアプリも)あまり良いものがないので英語×スウェーデン語の辞書を使った方が早い。

以上ですが細かく理由を述べると、

①スウェーデン語以外でも文法的にいわゆるSVO(主語、動詞、目的語の順)の形を取っている言語は多いので、英語が出来ると次々と多言語習得できる人が多いです。他のヨーロッパの国から来ている私の友達も何言語も話せる人が多く、英語はみんなネイティブではないけど普通に問題なく話せます。

②スウェーデン語を勉強していて新しく出てきた動詞などでも英語とほぼ同じスペルのものは、カンで書かれている内容を当てれたりします。英語でほぼ同じスペルの単語を知っていると新たに単語を覚えなくて済みますが、英語を知らない中東系の友人たちは結構苦労して覚えている印象です。

③学校に限らず買い物なんかでももしスウェーデン語でのやりとりに困っても、みんな大体英語がわかるので英語で話せば意思疎通に困ることはありません。聞いた話によるとスウェーデン人の高齢の方はイギリス英語を学校で習っていて、現代の若者はみんなアメリカ英語で習っているらしいです。

④これは結構切実で、スウェーデン国内で日本語の辞書を買おうとしてもろくなのがないです。お互いマイナーな言語同士だからですかね…Google翻訳でもたまにスウェーデン語→日本語で調べてしっくりこない時はスウェーデン語→英語で調べると「なるほど!」なんてこともあります。細かいニュアンスの時などは、英語の方がぴったりなことの方が多いです。

まとめ

英語が話せる人は世界にたくさんいます。3カ国語、4カ国語が話せるマルチリンガルも日本では珍しいけれど、私の住むヨーロッパでは珍しくありません。逆に私は「日本語話せるなんて凄いね!かなり難しい言語だよね。」なんて言われたりもします。

私たちは知らず知らずのうちに、そんな難しい言語を習得して毎日使っているんです。それに比べたら英語は思ってるほど難しくないと思います。

今、私はスウェーデン語を習っているけど、多少英語より複雑です。ドイツ語やロシア語も友達から聞いている限りでは、英語より複雑。だから英語が世界のベースとなる共通言語なのかな?とふと思いました。

あと、もし英語を話してみたいなら逆にネイティブじゃない外国人と話すと自信付くかもしれません。スウェーデンやフィンランドで英語で会話した時、お互い母国語じゃないからすごく慎重に話してくれたり聞いてくれるイメージがあります。間違ったら恥ずかしいと勇気が出せない人にはおすすめの方法です。

私のスウェーデン語の語学学校友達もしょっちゅう英語の文法間違えてますけど、みんな通じればいいっていうのがベースにあるので気楽です。日本にいた時の方が間違えたらいけない的なムードがあった気がします…でも世界では私の語学学校の友達のような間違っても平気で話す感じだし、その根底には「だって母国語じゃないんだし」というのがあるように思いました。

もっと楽しい、気楽な気持ちで英語習得しましょ!私もしょっちゅう間違えたり、ネイティブが聞いたら不自然な言い回ししてたりすると思いますが気にしてません。笑 

今日は過去の英語習得に苦労した自分にむけてブログを書いてみました〜。英語を頑張りたい人に少しでも有益な情報があったなら、嬉しいです!