聖ルシア祭今年はやらないのかな…

12月13日は聖ルシア祭といって、北欧ではクリスマスの少し前にある聖日祝日です。私はアメリカに住んでいたことがありますが、聖ルシア祭について聞いたことはなかったですね。ヨーロッパでも北欧、ドイツ、そしてイタリアでは行われているイベントのようです。

ルシアって誰?

スウェーデンの語学学校に通うと必ず習うことになりますが、ルシアというのは私が習った話では貧しい人に施しをしたりしていた女性で、弾圧されてもなお施しをやめず最終的に処刑されてしまい聖人となって今日も多くの人に崇拝されている、とのことでした。(かなりザックリ)

詳しくはWikipediaで確認してもらえたらと思います。ちなみにルチアってWikiでは見かけますが、スウェーデン的な発音だとルシア、らしいです。

スウェーデンで行われる聖ルシア祭

12月13日の夜に、毎年私たちの街では子供がルシアのコスチュームを着て歌と共に厳かなパレードを行います。

基本、女の子がルシア役(白装束にろうそくの冠、ウエストに赤いリボンベルト)をやってその他は星の役(白装束に星の三角帽)、トムテン(いわゆるサンタクロース)、ジンジャーブレッドクッキー(←私の住んでいるところでは背の低い男の子がやることが多いらしく、甥っ子はいつもジンジャーブレッドクッキー役をやっていたと義姉が苦笑していました!笑)を引き連れて古めかしい馬車に乗って中心部の広場まで行き、そこで歌を歌います。

(これは去年の動画です)

八つ墓村に見えるという話

動画の最初の方で頭にろうそくの冠付けた女の子を見ましたか?あれがルシアです。でも頭にろうそくって…

これは在スウェーデンの日本人周りだからこそ笑える話って感じでよく言われますが、やっぱり毎年ルシアの格好を見るとつい八つ墓村を思い出しちゃいます。笑 不謹慎ながらも…ね。

息子の園では今日がルシアのイベント

3歳の息子が通う園では毎年恒例行事で、父母や親族が来て子供たちと一緒に歌を歌ったりお茶したりする楽しい日なのですが、今年はコロナの影響で子供たちだけでイベントは行われて親たちはその様子をインスタグラムで確認するというスタイルになりました。

去年は義母と私で行ってきて(夫は仕事だった)、とても楽しかったので残念…。でもインスタを見たら子供たちが何曲もクリスマスの歌を振り付きで披露していて、とっても可愛かったです!!!ちなみに息子はサンタの衣装を持って行きました。

街でやる聖ルシア祭はやらなそう

今年はやりません、という内容を目にしていないのでなんとも言えませんが多分やらなそうです。大勢が集うのは良くないですからね。

おとなしくルッセカッテル(と、いうサフランの良い香りの猫のヒゲの形をしたこの時期食べるパン)でも食べてお家時間を楽しもうと思います。

去年私が焼いたルッセカッテルです!手作りは特に美味しい!