最近のスウェーデンの保育園について

コロナ禍ということもあり、私の住む市のスウェーデンの保育園がアプリを使っていくことを決めたと連絡がありました。26日から運用していくそうで、保護者は今のうちにアプリをダウンロードするようにと言われています。日本の保育園事情を知らないので比較できないのですが…言語が流暢ではない私にはかなり使い勝手が良いアプリだと思いました。

Tyraというアプリなのですが、園に置いてある予備の着替えや下着などの数がどのくらいなのかなどわかるし「お迎えはこの日はパパが行く」なんていうのも入力から保育士らが判断できるようになっています。

今まで具合が悪くて子供が休む時は電話していたのですが、結構早口で症状を聞かれたりして「え?え?え?」となってしまったり、具合の悪い子供の世話に追われて英語でバーっと全部伝えたり…と、スウェーデン語の意思疎通がうまくいかなくて焦ったこともあったのでアプリでそれも解決できるのはありがたいです!

給食は以前から専用のアプリがあった

給食に関しては給食専用のアプリ“Skolmaten”があってそれはもうすでに使っていますが、住んでいる市や学校名などを入れると毎日のメニューを見ることが可能です。夕食とかぶらないようにするためにも結構助かっています。

うちの子はパンケーキが嫌いで絶対に食べないので、パンケーキの日はあらかじめチェックしたり。←変わってますよね、子供なのにパンケーキ嫌いとか。笑

日本の園のような連絡帳はない

いつも日本のママ友とかに「こんなことがあったと先生が書いてくれて…」なんていう話を聞くと、ちょっと羨ましく感じます。こちらではお迎えに行くと保育士の方が「今日はこんなことをやったよね!うまくできていたね!」なんて言ってくれたりしますが、まぁ口頭で終わりって感じです。(サクッと)

アメリカの園の話を聞くと、結構変わったイベントが多くて(クレイジーなヘアスタイルの日、とか)面白そうでそれも羨ましいですね。スウェーデンは学芸会みたいなのはクリスマスくらいかな?あまりないです。最近はコロナ禍でクリスマス会も保護者は参加できない感じで、インスタで見てくださいって言われました〜。

今年の冬のクリスマスはいつも通りのクリスマス会だといいな!