他人に翻弄されないという意思!

怒涛の1週間が終わりました。今週は開始早々から楽しい気分になれなかったり、同じコースでも先生の違いによって言ってることが違って右往左往させられたりしたけど…まぁ気負わずに行こうと途中で思えたことが良かったです。

時には抵抗することも大事

今日の先生なんかは「あなたたちは暇さえあれば本を読まなければなりません。新聞も目を通さねばなりません。アラビア語で友達同士話していませんか?ロシアのテレビ番組家で見ていませんか?全部スウェーデン語になさい。」と、のっけから言ってきました。

今日は金曜だし私も友達も、自分が周りと比較して浮き沈みしたり焦ったりすることがいかに馬鹿げているか、この数日で悟ったところがあったので「うるさいおばさんだな!」くらいにしか受け止めずスルーしました。笑

友達は「そんな何もかもmust,mustでやれと言われたら、圧迫感で国に帰りたくなるよ。だから無視!」と言っていてその通りだと思いましたね。何もかも先生の言う通りにやることはないと改めて感じた日です。自分の心が誰かに操縦されているような気になったら、一旦「それやらないと死ぬわけじゃなくない?」と私は焦ってる自分に客観的に投げかけると、スーッとします。笑

ここまで来たら、やりたいことしかやらない!

ここまでってのがどこだよ?って感じですが、何せスウェーデンに渡って1から新しい言語学んでいるわけですから、第2の人生みたいなもんでしょう。もうやりたくないことはやらないぞ!楽しいことをいっぱいやるぞ!と、私は決めています。

実際、私は夏休み中先生が推奨していたリモートのクラスを取ったけどつまらないし難しいし…途中ですごくやらなきゃならないという圧迫感に苦しみかけましたが、周りの友達で先生の言う通りそのコース取ったのは私だけでした〜。

で、せっかくの夏休みだし楽しみたいと思ってもう苦痛な勉強を放り投げ、聞きたくもないスウェーデンのラジオを聞くのもやめました。でも結果的に別に何も困ってないことに今日気づいたんです!笑 今日は目薬を買いに、ドライアイで〜とか説明したけどちゃんと会話できていました。気にしすぎなんですよね、いつも。

なかなか心の癖を変えるのは大変

「思い癖」というのは変えるのは大変ですが、ネガティブな考えからは何も良いことが生まれないので少しづつでも気楽になれる思考に持っていく努力をしています。


そんな私のバイブルは「ザ・シークレット」。嫌な気分だと嫌なものを引き寄せる、ということがストーリー仕立てで書いてある全世界ベストセラーになった本です。

「ザ・マジック」はその当時日本語訳のがなくて英語の本を買いましたが、面白くて一気に読みました!やっぱり読みたい!という意思があるとスラスラ読めるもんなんだと思います。