ヴィーガン商品がすぐ手に入る国

私はベジタリアンでもヴィーガンでもありませんが、周りにはベジタリアンの友達もいます。その理由は様々。

・宗教上の理由

・健康目的または美容目的

・動物愛護

・環境保護

・体質的に肉が食べられない

などなどです。人それぞれの考え方を受け入れる国なので、特に周りの人も他人のことをどうこう言ったり批判したりもなく生活しています。

どこにでもあるヴィーガン商品

薬局で購入した保湿クリーム

これは私が適当に購入した保湿クリーム。笑

ヨーロッパって化粧水文化がないみたいで、化粧水は拭き取りタイプばかり。洗顔後にこういうクリーム的なものをいきなり塗るスタイルらしいです。

私の住んでいるような田舎でもこういうものが普通に売られているのがすごいなと思います。

子供用のお菓子でもヴィーガン商品がある

ちょっと正確な商品画像はないんですが子供が食べるようなお菓子なんかでもヴィーガン商品はあって、普通のゼラチンとかを使っていないグミとかはお土産で友達にあげたりするとびっくりされます。

都会じゃないのに、そういう商品やレストランでのベジタリアンメニューなどが普通にあることがすごいなといつも感心です。

人工肉が美味しく安ければみんな買うはず!

欧米ではどんどん人工肉を作ることが進められていますよね。ポイントはやっぱり美味しい、そして安いということに尽きるのではないでしょうか?

やっぱり高かったら普通のお肉買っちゃいますよね。人工肉を進めるのであれば、今の食肉に関わる方々を人工肉のエキスパートみたいに優先的に知識や何かを与えて採用したりとかそういうことで失業しないような仕組みも作って欲しいです!

うちは超微々たることですが、牛肉は購入していません。まぁ外食の時どうしても食べたかったら食べるかな、くらいです。

せっかく北欧にいるのでそういうこともゆくゆくは色々知りたいと思いますが、今はこのレベルが私の等身大ってことです…