リモート授業と夫の風邪

今日からリモート授業が始まりました。一応学校は期限を決めていて12月の17日までです。18日から冬休み(1月10日まで)なのでとりあえず、と言った感じを受けました。

初のTeamsを使用しての授業

以前のパンデミックの際は私の先生が行き当たりばったりで「Skype Business使ってミーティングしてみようか!」と始めたので、他のクラスは先生自体がパソコンに疎くて「授業は登校開始までなし」とする先生も多かったです。

しかし今回は学校側がMicrosoft Teamsを全クラス使用することにしたので、SkypeではなくTeamsでオンタイムの授業を行いました。

…結果的に言うとSkype Businessの方が良い!!!とにかくビデオの画質が悪いし、音もあまり良くなかったです。私はzoomも使用したことがありますが、zoomもテキストを一緒に見ながらとかでも見やすく、今回のTeamsのビデオミーティング機能(っていうのかな?)にはがっかりしました。

まぁでも学校もお金を払ってこれを投じてくれたわけだし、先生もTeamsを使用することがきまりのようなので仕方ないですね。

前回書いた不満はどうだったのか?

ひとつ前のブログにリモート授業の不満を私は書いたのですが、これが蓋を開けてみるとぜーんぜん大丈夫でした!

私の苦手なしゃしゃり出て喋りまくる友達は具合が悪くて、モチベーションも低くやる気があまりなくて大人しかったです。笑

代わりに別の友達がペラペラと、他の人が話している時に被せて話そうとしたのですが先生がすかさず「これはビデオミーティングだから1人づつ話して!今は待って!」と言ってくれて私はちょっとホッとしました。

ただ、やっぱり参加人数は少なかったです。元々月曜日のクラスは人数が少ないので仕方ないのでしょう。水曜日以降のクラスは人数多いのでどうなるか楽しみです。(というか水曜日以降のクラスの先生もメンバーも好きなだけ!)

夫が珍しく会社を休んだ

そんな中で金曜から夫が「喉に違和感がある」と言って会社を休むことに。前に「バカは風邪をひかない」と私がせせら笑っていたあの夫が!喉に違和感?!私はめちゃくちゃ心配しました。でも本人は喉が痛いだけで熱もないし、他は鼻水くらいしか症状がありません。

スウェーデンはマスクをしない人が圧倒的多数で、鼻水だけでも会社や学校を鼻水が止まるまで休まなければならないきまりがあります。なので夫は会社を休みました。

気軽にコロナテスト?!

コロナテストってタダだから受けてみるわ〜」と軽く予約して今日受けてきた夫。私にはあの綿棒が恐怖で仕方ないっていうのに!笑

まぁ会社も病欠の場合コロナテストを受けることを推奨しているので、夫は気軽にドライブスルースタイルのテストをやったそうです。

「綿棒の そんな痛くは なかったよ」by 夫

居間を息子と一緒になって走り回ってる夫を見てると、これでこの人コロナだったらまじで意味わからないわ…と思いました。笑

の驚き、園への連絡

今朝雨も降っていたし夫も風邪で家にいるから息子は園に行かなくて良いかなと思い、私は息子の園にテキストメッセージを送りました。

私: 「夫が具合悪くて家にいるので、息子は園をお休みします。」

先生: 「お父さんが具合悪くても息子さん、通園できますよ!私たちが駐車場に息子さんを迎えに行きます。」

私: 「でも夫は具合が悪いので運転しません。私は運転できないし、今日は天気も悪いのでお休みさせます。」

先生: 「わかりました!」



え???

夫がもし具合悪くても息子を園に預けられるの???

「あ!そうか」多分片親の場合、具合が悪くなったら子供の面倒を見れないので預けられるってことなのだな、と思いました。だってスウェーデンは親が仕事が休みで家にいる場合は子供も家にいる、が一般的です。

けど…

え、それって…?!

そうなんです、親がもし軽症のコロナに感染していたとしても子供を預けられてしまうということになりますよね。それって他の園児や保育士の方々にはかなりリスキーなのでは?!と思いました。

そうは言っても前回のパンデミックでも経済を止めなかったスウェーデン。その裏には園の存在が必須です。学校が閉まっても園は働く親のために閉めれません。

そう思うと先生方への感謝の気持ちと、大変な仕事なんだなという思いが込み上げてきます。

幸い私の市では保育士の感染者はいないという発表が先日ありました。というのも、噂で保育士が感染したというのが広がって公に発表がされた感じです。

夫の結果は2日後らしい

結果が出るのが大体2日ほどだそうで、とりあえずそれまでは夫は自宅待機。ゲームばっかりやってます。

今日は私は雨の中、自転車にリュックを背負ってスーパーまで行ってきました。こういう時つくづく、車の運転免許持っていないということにイラっとしますね。笑 まぁ仕方ない。語学の勉強が落ち着いて、パンデミックも去ったら免許取ることも考えようと思います。(いつになることやら)