マンモグラフィとマクドナルドのベジタリアンメニュー

今日は乳がん検診のため、最寄りの都会(隣の隣にある都市)に行ってきました。電車で行っても良いのですが、こういう時だいたい夫が会社を遅刻ないし休みにして車で連れてってくれます。ありがたや。

結構大きい病院にて検査

検査を受けるにあたり、まず鼻水など何かひとつでも不調がある場合は受けれないことになっているので入り口で何の為に病院に来たのか健康状態について聞かれます。

フェイスシールドを付けた職員に「鼻水、咳、熱などありますか?」と聞かれたのですが、その後何か肺がどうこう…聞かれた感じだったので「?」という顔をしたけれどよくわからずとりあえず「Nej(いいえ)」と答えました。←適当!笑

でもまたしつこく肺が云々…と聞いてくるので「何も問題ありません!」と言ったらサクッと通してくれました。この時、病院や銀行など健康やお金に関わること(重要なこと)はスウェーデン語ではない方がいいなと痛感。自分のスウェーデン語を試したい気持ちはありますが、それはレストランのオーダーとかそこまで重要ではないシチュエーションにしておこうと決めました。

思いの外、痛くないし早く終わった

日本でマンモグラフィをやった時、とにかく痛かった記憶しかないので構えていたのですが今回全く痛くありませんでした!ネットで調べたら結構技師の腕次第だとか。これならまた受けてみようという気にもなります。

さらに、ものすごい早さ!マンモグラフィを受けに来た人の待合室横にトイレみたいな個室が6つくらいあり、名前を呼ばれたら中に入って準備して待ちます。個室内にもう1つドアがあって順番が来たらそこから中に入って検査です。待合室に着いて10分くらいで全て終わる感じでした!

お昼はマクドナルド

夫は病院に入れないので(用事のない人は基本ダメ)車で時間を潰していましたが、あまりの早さに驚いでいました。わざわざ車で連れて行ってくれたので、彼の好きなマックでランチ。

写真の、白い大きな携帯みたいな画面でオーダーするスタイル。店頭ではオーダーできない感じでした。タッチパネルで商品をオーダーし、座る席に置く札番号を入力すると店員さんが商品を持ってきてくれました。

最初「へぇ!いいかも」と思ったのですがこの後お客さんが増えてオーダー画面の周りに人が群がっていたので、ソーシャルディスタンス守れてない感じに…。夫と「これだと社員の健康は守れるかもしれないけど、顧客は危険だよね。タッチパネル触った後ちゃんと消毒しないでポテトとか食べたりしたら…」なんて話をしました。

マックでもベジタリアンメニューがある

夫はおきまりのビッグマック。以前日本でメガマックに出会った時は感動していました。笑

私は「Crispy Cheese Tasty」というバーガーにしました。お肉の代わりにチーズ(多分halloumiかな)をサクサクにあげてあるバーガーです。このhalloumiというチーズは、結構どこでもお肉代わりに使えるチーズという感じで見かけます。

シャキシャキのレタスとオニオン、トマトが入っていてとてもマックって感じはしませんね。ハンバーガーだけどお腹にどーんと来ない、軽い感じが良いです!

私はヨーロッパのファストフードはベジタリアンメニューがあったりするので、あまり不健康なイメージを持っていません。日本でもあったらいいのに!!!

マックの後はIKEAにも行って好き勝手買い物して、今日はかなり息抜きになりました〜。検診の結果、問題がないことを祈ります。