プライドを持って働く姿を見せてくれるスウェーデンの人たち

私がいつもスウェーデンの暮らしで感動するのは、息子がバスや電車やトラック、パトカーなどを見かけてジーっと見ている時に運転手さんがほぼ100%の確率で手を振ってくれたりクラクションを鳴らしてくれることです。

子供のことをみんなが考えてくれている

こうしたら子供たちは喜ぶだろうな、という気持ちがあるから手を振ってくれたりクラクションを鳴らしてくれたりするんだと思います。

息子が喜ぶ姿を見て、さらにほっこり。ディズニーランドで、遠くの汽車に乗った人がこちらに手を振ってくれている時の感覚と似ている感じというのかな。癒されます!

プライドを持っている姿がさらにカッコよく映る

子供に対してとにかく誰もが優しいというのもありますが、私の感覚ではどの運転手さんも自分の仕事にプライドを持っているというか、子供にカッコいい自分をちゃんと見せようとしているというイメージ。

他のスウェーデンの都市に住んでいる息子と同じ歳くらいの男の子がいるママ友も、同様の経験をして私と同じように感動していると言っていました。

スウェーデンの作業着は蛍光イエロー

出典:https://www.archiexpo.com/prod/projob-swedish-workwear/product-160327-2134861.html

デザインは色々ありますがスウェーデンの作業着は蛍光イエロー×黒が一般的で、スウェーデンはイケメンが多い国で有名なので作業着がまたカッコよく見えるんだと思います。笑 目立ちますからね…。

子供サイズの作業着も売っていて、うちの子ももうちょっと大きくなったら欲しがるかもしれません。

今日は救急車の隊員の方に会えたり、道路を工事している方に会えたり、息子には興奮な出来事がありました。子供がいると私まで良くして貰えて、本当に感動です!