スウェーデンの秋休み

今週は“Höstlov”と言って、スウェーデンの学校は1週間秋休みを迎えています。社会人は普通に仕事があるので幼稚園はオープンしていますが、他の学校は閉まっていて私の通う大人の学校もお休みです。ただしハードな宿題あり…汗

息子は通常であれば私の学校がお休みなので自動的に息子も園を休むことになりますが、今回課題がキツいので勉強する時間をもらう為に息子には園に通ってもらうことにしました。ただ、火曜はいつも私の授業がないので息子も園に通っていません。というわけで今日はフリー。

図書館へレッツゴー

暖かい服装に着替えて、午前中から図書館へ2人で行ってきました。今日実は長くつ下のピッピのイベントがあるということで、ちょっとチラ見したかったんです。

園に張り出されていた張り紙↑

クイズということで、対象年齢から息子は外れているのですがピッピ大好きな息子なので母としてはどんな感じなのか気になっていました!

図書館へ行ったら、同じ園のお母さんと子供(姉妹)がいてクイズをやっていましたがこじんまりと各自スマホを使って行う感じ。笑 ふーんって感じであまり魅力的なイベントではありませんでした〜。

図書館はじっとしていられない子にも◎

スウェーデンの図書館はカフェがついていたりキッズエリアが充実していることが多いみたいです。私の住む街の図書館もキッズエリアにはお絵描きができるようにズラリとペンや色鉛筆が机に並び、絵本の近くにはぬいぐるみと子供用のソファーや寝転がれるようなマットがあります。また、iPadも置いてあって子供が自由にゲームなどができるのも良いです!

子供に優しい国民性なので、日本の図書館みたいに「シーン」ていう感じではありません。(もちろんみんな静かにしてはいますが、そこまで神経質にならないっていうイメージです。)

久しぶりに息子は図書館へ来て(多分半年以上ぶり)嬉しそうにお絵描きをしていました。その後絵本を私がいくつか読んであげて、それもやっぱり息子には新鮮な本なので興味津々!さらに私は図書館に入り浸りすぎて司書の方々に覚えられているので、みんなに可愛がられて息子はニコニコでした〜。

ひとしきり楽しんだら図書館内のカフェコーナーでお茶。2人でチョコレートとコーヒー(息子はジュース)で一息ついて、とても有意義な時間を過ごせて良かったです!

田舎ゆえに働く車もたくさん見られる!

私はあまり車の種類がわからないのですが、今日だけで農業用のトラクター、ミキサー車、木材運搬車、タンクローリー、救急車、ショベルカー…などなどいろいろ見ることができて息子はかなり凝視していました。

田舎だからっていうのもあると思うけど、働く車遭遇率高めです。笑 日本では見たことのないサイズ感のトラックが日々走っています。

そんな中でも日本のヤマハとかが農業用で結構知られているのでびっくりしたり。もちろん日産やトヨタの乗用車は乗っている人も多いし「私は日本人です」と言うと「私はトヨタにずっと乗っているけど、日本車は最高だね!」とか謎に褒められたりします。笑

とはいえ、車はスウェーデンではやっぱりボルボ率が高めだし次いでドイツ車(メルセデス、BMWなど)。トラックはスカニアが圧倒的です。

バスの車庫もついでにチラ見!

Värmlandのバスや電車は黄色に緑のラインなので、スクールバスがいっぱい並んでいるみたいに見えますね。写真は撮ってないけど、息子は電車大好きなので駅に電車も見に行きました。

地元を楽しんだ1日

いっぱい散歩して図書館で遊んで、お茶してから車や電車を見てだいぶ地元満喫!

スウェーデンのこの田舎町で2年暮らしてみてわかったことは、たとえ田舎で何もない状況だとしてもその中で楽しもうとすればいくらでも楽しいことはあるし、自分が前へ出て行けば新しい出会いがあって知り合いも増えてまた新しい情報が得られたりする

あれがないこれがないなど不平不満を言ってネガティブになっても何も始まらないし、状況を変えるには行動するしかありませんね。

そういう意味では息子は私の興味のなかった世界をいろいろ教えてくれるので、感謝です!!!