スウェーデンの田舎も日本の田舎も人は似ている

一昨日は夏のように暑かったけれど、今日はかなり風が強くて肌寒いヴェルムランド。私の住んでいるところは大まかに言うとノルウェーに近いので、冬も結構寒いところです。

画像:https://en.m.wikipedia.org/wiki/Värmland

ストックホルムやヨーテボリ、マルメなどの大都市と違って、在住の日本人友達を作りにくい地方かもしれません。が、今はSNSのおかげで同じ地方の他の都市に住む数少ない日本人の方と簡単に出会えたりするのがとても嬉しいです。

田舎ゆえの情報伝達の速さ(笑

私は私の住んでいる所(いわゆる市)のことを「日本人私だけ!」とよく書くのですが、本当にそうなのかと言われたら…本当にそのようです。笑 そもそも、中国人も中華料理の人たちくらい(でもその方たちは2世らしい)だし、モンゴル人の人は何人か出会いましたが韓国人には出会ったことがないです。

要するにアジア人があまりいません。そんなわけで私や息子は目立つと言えば目立つのか、夫は「今日奥さん見かけたよ。」などと言われるそうです。笑 

一度他の日本人が移住してきた!

去年、日本のサッカー選手がこの土地に来たという情報が素早く流れました。結局その方はもう今は住んでいないのですが、情報伝達の速さといったら!

そしてすぐ私に「話しかけてみろ!」という流れになり、私から声かけした感じです。

今やすっかり田舎にどっぷり

2年、この土地に暮らして私もすっかり田舎っぺです。近くの都会に行って「ほら!エレベーターだよ!」とか子供に言っていると義母に「あなた日本の都会から来たのよね?」と笑われます。

「住めば都」という言葉は私のためにあるのかも。笑


おまけ。

ここ最近突如、超紅葉!って感じの木がちらほら出てきてすかさず写真に撮りました。もっと秋らしい写真を撮って、それを風景画にしたいです。

中心街の街路樹がいい感じ。
こういう、緑に紅葉が混じっているのが好きです。
燃えるような色合い。