クリスマスツリー(本物)を飾りました

昨日夫がクリスマスツリーを買いに行ったのですが、今回プラスチックのツリーを買おうかなと思っていました。日本ではプラスチックというか、作り物?のクリスマスツリーを飾るのがほとんどだと思いますが、ヨーロッパでは本物を飾る家庭が多いです。

作り物のクリスマスツリーの良いところ

最近授業で環境保護について学んだのですが、私の中ではスウェーデン人は割と熱心に環境保護を考えている人が多い印象。学校のテキストに環境保護についてのディスカッションなどが出てくるあたり、北欧っぽいなぁと思いました。

クリスマスが終わっても、新年越してしばらくはみんなクリスマスツリーを飾ったままです。でもいよいよクリスマスムードも終わりってなると言わずもがな、本物のクリスマスツリーは捨てないといけません。

アメリカだったかな?捨てるクリスマスツリーを投げてどこまで飛ばせるかっていう大会がある、というニュースを去年見ました。なんか悲しい気分になったのを覚えています…。

作り物のクリスマスツリーが良いのは、小さい子供のいる家や動物を飼っている家では安全な点です!

去年は息子が2歳で注意しても理解できない年頃だったので、バルコニーに本物のツリーを飾りました。でも室内に今年は飾りたい、と夫が言ってプラスチックのツリー購入を検討しました。

ちなみに本物のクリスマスツリーを飾ると、葉っぱが結構頻繁に落ちます。これが結構刺さると痛い!小さい子供やペットに刺さったら大変だなぁと思います。

刺さると痛い!!!

本物のクリスマスツリーの良いところ

何と言っても香りがいい!これに尽きます。結局今年は欲しかったプラスチックのツリーが売り切れていて(まぁ12月入ってからじゃ遅いよなぁ)、最終的に本物を室内に飾ることになったのですが…

朝、置きて寝室のドアを開けた瞬間ほんのりと香るもみの木の香り!!!家の中に森があるみたいな感じで癒されます。昨日夫が購入してきたので、息子と今日はツリーを飾り付け。

さらに今日はお菓子の家を家族で作って楽しみました。スウェーデンの子供はお菓子の家をクリスマスに作る子が多いのか、どこのスーパーでも売っています。日本のスーパーは必ずしもあったわけではなかった気がするなぁ、なんて思いました。

12月らしい日曜日になりましたね。

来週は聖ルシア!これはスウェーデンでは欠かせないクリスマス前の行事なのですが…今年はコロナでどうなるのかな???また追って詳細を書きたいと思います。