アルバニア人の友達の家に行ってきた

今日は金曜日。せっかくのスウェーデンの秋休み、今週はあまり天気がよろしくないのでちょっと残念です。しかし水曜日雨の中、友達の家に遊びに行ってきました!

友達というのは…

実は前に「図々しい人は得をする!」という内容で書いたブログに登場する、あのアルバニア人のクラスメイトです。笑

今回気づいたのが、彼女は図々しいというより他人との距離が近いんだと思いました。自分自身でもそういうところがある、と語っていたので事実です。だからか彼女は寂しいと感じることが多いようで、友達には頻繁に家に来てほしいということでした。

クッキー&チョコレートの手作りケーキが美味しかった!

おもてなしが大好きな彼女

ランチをご馳走してくれるということだったので、私はケーキを買って持って行ったのですが家についてすぐコーヒーと手作りケーキを出してくれて(上の画像のケーキ)、とっても美味しかったです!「このケーキは冷凍庫に入れて凍らせても美味しいのよ!」と言っていました。

その後のランチはラザニアとサラダ。別の友達もやってきて、みんなでランチ。ラザニア大好きな私はいっぱい食べたかったのですが、チョコレートケーキが結構ヘビーであまり食べられませんでした〜。

気づいたら色々話していた

今回行った家の友達は英語は初級レベル、後から来た友達と私は基本いつも英語、という感じなのですがここではスウェーデン語で話しました。わからない単語があると英語で、という感じ。それでもわからない時はお互いGoogle翻訳で母国語にして見せっこというスタイルでしたが、かなり色々話しました!

やっぱり自分の中から絞り出して言いたいことを即座に言う、ということはかなり勉強になるしお互いがスウェーデン人ではないのでわからない単語を模索し合うというのも良い勉強になります。

語学習得は場数踏んでいかないとだな、と改めて痛感しました。間違いや恥はかいた回数だけ上達へのステップアップと言い聞かせています!

私が持参したケーキ。かなり満腹に…

今日は金曜なのでspråk cafe

そして今日は金曜日なので毎週恒例のspråk cafeです。図書館に集ってお茶しながらスウェーデン語でしゃべり倒します!

こういう場を作ってくれた図書館で働く友人に感謝です。彼女はアゼルバイジャン人で、私と同じようにかつて語学学校に通っていたことがあるためspråk cafeをやりたいと彼女のボスに言ってくれたおかげで語学学生には良い勉強になっているしスウェーデン人の方々には異文化や異国について知る良い機会となっています。

こんな時代だからこそ、地元のつながりも重要ですからね!