アドベントカレンダー作りました

今日から12月。欧米の子供はアドベントカレンダーを楽しみにしている子が多いです。クリスマスまでの間、毎日1つづつ小さなプレゼントを得ることでクリスマスまでのカウントダウンを楽しむカレンダー。

子供だけでなく、大人もお菓子やお茶、アクセサリーなどあらゆるアドベントカレンダーで楽しむ人が多いです。

手作りのアドベントカレンダー

「やばい!11月30日なのにアドベントカレンダー準備してない!」と、昨日になって慌てた我々夫婦。幸い夫が昼から出勤で時間があったので、2人でおもちゃ屋さん2件行っていろいろ買ってきました。(買ったのは全てがおもちゃではないです)

急いで息子が園から帰ってくる前にラッピングして吊るします!なかなか重たいものは紙に「annan plats」(別の場所にあるよ)と書いて吊るしました。

動画が見れない場合のために画像も貼っておきます↓

薄暗かったらすみません!スウェーデン人は基本的に間接照明が好きな人が多くて、日本人からすると薄暗いです…まぁでも雪が降れば明るいし、雰囲気があって薄暗いのも悪くないですけどね。

今朝、早速息子はアドベントカレンダーの「12月1日」のプレゼントを開けて喜んでいました!今日はトングとクロワッサンのセット。明日は何かな?でも3歳の息子にはアドベントカレンダーの意味が理解できていないので、あれも開けて!これも開けて!と大騒ぎしていました…笑

夫がチョコレートのアドベトカレンダーも買っていて、これも同じように今日の分のところを開けて1つ、チョコを息子にあげました。が、美味しくなかったのかちょっぴりかじっていらない、と放置。

「去年はキンダーチョコのアドベントカレンダーだったから、今年の普通のチョコは美味しくないんだよきっと!」と夫に言ったら、「もうこれしかなかったんだもん」とのことでした。笑

とにかく冬の北欧は絵になる

まだ雪が積もっているわけではないので、冬らしい写真が取れていませんがそれでもやっぱり冬の北欧は絵になるなぁと大自然に囲まれていると痛感します。

冬だけではないのですが、スウェーデンで暮らしているととっても幻想的な空色を目にする機会が多いです!インスタグラムなんかでも「今日の空、綺麗!」と写真をアップしている人も多く、特に日本ではなかなかお目にかかれないピンク色の空が素敵です。

加工なしでこの色って、可愛すぎる!

私はこういう綺麗なグラデーションをみるとすぐさま写真を撮りますが、夫は「何も珍しくない」「ふーん」というリアクション。国際結婚仲間の人たちの旦那さんも、みんな同じだそうです。笑

日本人に渋谷のスクランブル交差点が「何も珍しくない」「ふーん」っていうのと同じでしょうかね???笑